HOME > 研究内容

研究内容

我々は脳の発生・発達の分子メカニズムと、その破綻によって生じる精神疾患発症メカニズムについて解明するために、遺伝的側面と環境的側面の両方から分子細胞生物学的アプローチにより解析を行います。世界中で誰もやっていないユニークな研究を目指します。日本学術振興会PDのホストラボとしての受け入れに際しては、未発表データに基づく研究テーマについて個別相談に応じますのでご連絡下さい。

若松グループでは、鳥類胚を用いて神経堤細胞やプラコードの運命決定や細胞極性・細胞移動について研究をおこなっています。また、有袋類であるオポッサムを材料としてヘテロクロニー的発生メカニズムの進化について研究を進めています。

脳がどのように形成・維持され、変化していくのかを調べるために、様々な実験手法を用いて研究を行っています。

ページの先頭に戻る