HOME > 医学部・歯学部の学生さんへ > 講義 医学部医学科 発生学(担当:大隅、吉川、木村)

講義 医学部医学科 発生学(担当:大隅、吉川、木村)

対象

医学部2年生

教育方針/到達目標 (GIO)

ヒトを中心とした高等動物の個体発生の過程を理解し、個体や臓器の形態形成の詳細を把握する。
また、各種幹細胞の性質について把握し、再生医療の基礎や発がんとの関係について学ぶ。

学習方式

「発生学講義」は60分の講義を24回行う。
あらかじめ指定教科書を読んで予習してから授業に参加することを前提とする。

成績の判定と評価

筆記試験(100点満点)に出席点を考慮して判定し、60点以上を合格とする。

指定教科書

ラーセン人体発生学 第4版(仲村春和 大谷浩訳) 西村書店

推薦図書

  • ラングマン人体発生学 第10版(安田峯生訳) メディカル・サイエンス・インターナショナル
  • エッセンシャル発生生物学(改訂第2版)Jonathan Slack (大隅典子訳) 羊土社
  • ギルバート発生生物学(阿形清和、高橋淑子監訳)メディカル・サイエンス・インターナショナル
  • 人体発生学 Human Embryology遠山正彌、大槻勝紀、 中島裕司 南山堂
  • カラー図解 人体発生学講義ノート第2版 金芳堂 塩田浩平著
  • Moore, The Developing Human 7th Edition Saunders
  • Larsen, Human Embryology Third Edition Churchil Livingston
  • Carlson, Human Embryology and Development Third Edition Mosby
  • 脳の誕生ー発生・発達・進化の謎を解く ちくま新書 大隅典子著
  • ワークブック ヒトの生物学(八杉貞雄著)裳華房

講義資料

2019年7月10日

2019年7月8日

2019年7月3日

2019年7月1日

2019年6月26日

2019年6月24日

2019年6月19日

2019年6月17日

2018年度の講義資料はこちら

ページの先頭に戻る