HOME > 研究内容 > 大隅グループ

大隅グループ

  • 神経発生の分子機構 神経発生の分子機構

    転写制御因子Pax6を起点とし、神経発生過程における様々な分子メカニズムに興味を持って研究を行っています。

  • 転写制御因子Pax6の新たな機能 転写制御因子Pax6の新たな機能

    Pax6は神経の初期発生に重要な役割を果たしている転写因子ですが、生後の脳でも一部の細胞・領域でその発現が維持されています。生後の脳の発達・機能に対するPax6の役割を解明するため、コンディショナルPax6欠損変異体を用いて解析しています。

  • グリア細胞の機能 グリア細胞の機能

    脳のアストロサイトのミトコンドリアで行われるエネルギー産生について、脂肪酸がエネルギー産生に与える影響を培養細胞系を用いて解析しています。

  • 自閉症スペクトラムの病態基盤の解明 自閉症スペクトラムの病態基盤の解明

    主に母子間コミュニケーションに重要であると考えられている超音波発声ultrasonic vocalizationに着目して、出生時の親マウスの年齢がどのような影響を及ぼすのかを行動学および組織学、生化学、薬理学手法を用いて検討しています。

ページの先頭に戻る